即日仕上げでは難しいこと

MENU

即日仕上げでは難しいこと

即日仕上げをしてもらえば、毎日着るようなワイシャツなどは、常にキレイな状態で着られるので、とてもいいサービスだと思います。

 

しかし、即日仕上げにはいいことばかりではない、ということも知っておいてください。

 

即日仕上げは生地を傷めるかも?

 

自宅で洗うと、生地が傷んでしまうからクリーニング店に出す…という考えで利用している人は多いと思います。しかし、クリーニング店でも、即日仕上げにすると生地を傷めるか恐れがあります。というのも、即日仕上げは工場で特別な工程でクリーニングされています。

 

とにかくスピード重視になっていますので、時間をかけて乾燥させるほうがいいものも、素早く乾かすために生地に少し負担をかけてでも、素早く乾かすことを優先しています。そのため、極端に負担がかかる方法ではありませんが、通常の工程でクリーニングするよりは、どうしても生地に負担がかかります。

 

ワイシャツやブラウスなどは、元々すぐ乾かせますし、クリーニングの工程もそれほど複雑ではありません。そのため、生地の傷みをそれほど負担を考える必要はありませんが、通常なら時間をかけてクリーニングするべきものを依頼するときは、そのあたりを覚悟したうえで依頼しましょう。

 

特殊加工は範囲が限られる

 

クリーニングには、ただ洗うだけではなく、特殊加工を依頼することもできます。しかし、特殊加工はどうしても時間がかかります。特に、染み抜きは、すぐに落ちるシミならば即日仕上げでもいいのですが、時間をかけないと落とせないシミは、即日仕上げとなると難しいでしょう。

 

また、スカートのプリーツ加工なども同じです。

 

即日仕上げサービスは使い分けが大事

 

即日仕上げサービスは便利な反面、即日サービスの場合と、時間をかけて通常通りのクリーニングをしてもらった場合では、仕上がりに差があるものです。これは仕方がないことなので、即日仕上げでスピードを重視するか、それとも仕上がりを重視するか、どちらを優先するべきかを考えなくてはいけません。

 

もちろん、即日仕上げはその日中に受け取ることができる、とても便利なサービスだと思います。傷みが起きにくく、ワイシャツやブラウスなどであれば、即日仕上げしてもらうのが楽です。自宅で洗う手間が省け、自宅で洗うよりもきれいに仕上がります。

 

しかし、即日仕上げが優れているとは限りません。スピードばかりではなく、仕上がりの差にも目を向けて、考えてほしいと思います。